銀メッキアクセサリーをきれいにする方法とは?家にあるもので簡単解決!

生活

スポンサードリンク


ネックレスやブレスレットといったアクセサリー類は、長く使っていると段々色が黒ずんできます。

殆どのアクセサリーはメッキ素材であることが多いので、お手入れをする時はどのようにすればいいか、その洗い方には注意が必要です。

今回は、銀メッキアクセサリーの黒ずみ汚れを家にあるもので手軽に簡単にきれいにする方法をご紹介します!

 

銀メッキアクセサリーの黒ずみをきれいにする方法その(1)

メッキ素材のアクセサリーの黒ずみの原因は、主に以下のものがあげられます。

アクセサリーの黒ずみの原因①汚れ

アクセサリーは身に着けるものですから長く使用していると、人の汗や皮脂汚れなどが付いてそれが度重なる事によって黒ずみになります。

アクセサリーの黒ずみの原因②傷

使用している時に知らず知らずのうちに、こすれたりぶつかったりして傷がつく場合もあります。

また、収納している時も、吊り下げないでそのままジャラっと束ねて置いておくだけにしていたりすると、素材同士がこすれたりする事で傷がつくこともあります。

アクセサリーの黒ずみの原因③サビ

銅と亜鉛の合金が、人の汗や皮脂で酸化する事によって起きるのがサビです。

これはカビとはまた種類が違う物なので、触って問題があることはなく洗えばきれいに落とせます。

 

汚れ、キズ、サビが原因で付く黒ずみをきれいにするには、家庭にあるものできれいに落とせるのです。

アクセサリーの黒ずみを綺麗にする方法①中性洗剤

食器用洗剤でOKです。

ぬるま湯に中性洗剤を適量入れて溶かし、指であまり力を入れずに軽くこすります。

軽い汚れ程度でしたらこれでも十分落ちますが、隙間に入った黒ずみも気になる場合は、中性洗剤を溶かしたぬるま湯にしばらく浸け置くと良いですね。

時々、優しくお湯の中でアクセサリーを動かして黒ずみの落ち具合を見てください。

きれいになったら、乾いた布でしっかり水分を拭き取って水分が残らないようにしましょう。

アクセサリーの黒ずみを綺麗にする方法②お酢

お酢は、キッチンの流し台の汚れを落とすにも使われているのをご存知の方も多いと思います。

アクセサリーにサビが付いている場合は、お酢と塩を(1:1)位で混ぜ合わせ、サビのついたアクセサリーを様子を見ながらしばらく浸け置き、その後中性洗剤と石鹸でお酢を洗い流します。

そして乾いた布でこれも水分が残らないようにしっかり拭きます。

風通しのいい場所で乾燥させると良いですよ!

アクセサリーの黒ずみを綺麗にする方法③炭酸水

これはとても手軽な方法です。炭酸水にアクセサリーを一晩浸け置きしておくだけです。

炭酸水の泡がアクセサリーの隙間の汚れまできれいに落とします。

炭酸といってもコーラとかソーダは使わないでくださいね。純粋な炭酸水でやってください。

アクセサリーの黒ずみを綺麗にする方法④重曹とアルミホイル

重曹は食用から掃除用まで幅広く使われる万能アイテムですが、先ほどの炭酸水と同様の働きをします。

容器の中にアルミホイルを器の形に添って少しシワシワにして、丸みを持たせて器を作ります。

その中に重曹とお湯70℃~80℃くらいを注ぎ入れて混ぜ合わせます。

鍋の水をコンロに掛けて沸騰する手前、大体細かい気泡がふつふつと出て来た時が丁度70℃以上になります。

その中にアクセサリーを入れて浸け置きます。

炭酸水と同様、細かい炭酸の泡が出て来ますので、その泡で黒ずみがきれいに取れていきます。

 

銀メッキアクセサリーの黒ずみをきれいにする方法その(2)

その(1)で紹介した以外にも方法はありますが、メッキ素材にはちょっと不向きかな?と思われる方法もあるので、参考までにご紹介します。様子を見ながら、試してくださいね♪

アクセサリーの黒ずみを綺麗にする方法⑤歯磨き粉

歯磨き粉の場合は、黒ずみは取れるのですが研磨剤が入っていますので、こすりすぎるとメッキが剥がれる恐れがあります。

 

アクセサリーの黒ずみを綺麗にする方法⑥アルコール

アルコールは皮脂汚れや水溶性の汚れには有効ですが、メッキには向きません。

メッキが剥がれてしまうので、使うならドラッグストアで購入できるエタノールを2倍に水で薄めたものを柔らかい布に染み込ませて、アクセサリーの汚れを拭き取る方法か、水で薄めたエタノールにアクセサリーを浸け置きする方法がおすすめです。

~歯磨き粉とアルコール以外なら、以下の方法がおすすめです。

アクセサリーの黒ずみを綺麗にする方法⑦ヨーグルト

ヨーグルトには、乳酸や乳脂肪が含まれています。

この乳酸や乳脂肪が黒ずみの汚れを落とすのです。

刺激が強くないので、軽い黒ずみくらいならヨーグルトで落とせます。

布にヨーグルトを染み込ませて、拭いてください。

アクセサリーの黒ずみを綺麗にする方法⑧クリーニングクロス

ダイソーやセリアなど、100円ショップ(百均)にも売っているシルバーアクセサリー用のクロスです。

よくメガネのケースの中に一緒に入れる薄いメガネ拭きがありますよね?

あれと同じものです。

力を入れなくてもすっと撫でるようにするだけでも、アクセサリーの表面のくすみが取れて綺麗に輝きます。

黒ずみも落ちますが、細かい隙間には使えないので他の方法と併用してもいいでしょう。

用途に合わせて、これらの方法を使い分けると良いと思います。

銀メッキアクセサリーのお手入れの前に知っておきたいこと!

銀と銀メッキは別物です‼

銀メッキアクセサリーの黒ずみをきれいにするには、まず初めに今持っているアクセサリーがホントに銀メッキであるかどうかを確認してみてください。

というのも、「銀」と「銀メッキ」では別物であるということです。

何が違うのかというと読んで字のごとく、「銀はただの銀」「銀メッキは銀色にしたメッキ素材」であるということです。純銀でないということですね。

もっとも純銀はもっと柔らかい素材になるので、アクセサリーにするにはちょっと強度が弱く不向きなのです。

どちらがメッキかそうでないかは、素人ではまず見ただけではわかりません。

ゆいつの判別方法は、銀のアクセサリーの場合は「sterling Silver」と「(silver)925」といった刻印があります。「925」というのは銀の含有率のことです。

こういった刻印があればメッキではない銀メッキということになります。

アクセサリーのケアは普段の保管方法から気を付ける‼

お気に入りのアクセサリーは、いくつになっても飽きが来ない物です。

できれば長く使いたい!と思ったら、汚れた時の落とし方を知ることも大事ですが、普段からの保管方法にも気を付けることが大事です。

「アクセサリーを黒くさせないコツ」

・アクセサリー1つ1つをビニール袋で個包装にする。

よくお店で売られているアクセサリーを見ると、小さい透明のビニール袋に入れられていたりしますよね?

アクセサリーには、一番負担なく保管できる方法です。でも、小さい袋なんてないし、作るのも面倒という場合はラップに1つ1つくるんで保管しましょう。

・仕切りのある収納ケースを使う。

お洒落な仕切りが付いた収納ケースがあれば、袋やラップなどで包むような面倒な手間がいりません。

そのまま1つの仕切りに1つのアクセサリーを入れて保管します。

・使用後は必ず布で拭いて収納する。

アクセサリーを使ったあとは、収納する前に柔らかい布で軽くアクセサリーを拭いてから収納するクセをつけましょう。

なんでもそうですがちょっとした手間が、モノを長持ちさせる秘訣ですよ!

スポンサードリンク


タイトルとURLをコピーしました