妻沼の能護寺あじさい寺 開花が待ち遠しい‼2019年6月3日開花状況

イベント

スポンサードリンク


埼玉県北部に位置する、あじさい寺として親しまれている能護寺(のうごじ)。
約50種類800株のアジサイが色とりどりに咲き誇り、訪れる人々を華やかに迎えてくれるという噂を聞きつけ、早速、行ってきました‼
6月3日、アジサイの開花には、まだまだ早かったようでほとんど咲いていませんでしたが、咲き始めていたアジサイはとっても綺麗で、心を癒されてきました!

見頃は1~2週間後との事なので、その頃に見に行こうと思います‼

アジサイ好きの方は、ぜひ、行ってみてください♪

車で能護寺に向かう

国道407号線、登戸(のぼりと)の交差点を西に曲がり、ずーっと、ずーっと道なりに進みます。
セブンイレブンがあり、妻沼西中学校があり、妻沼運動公園を過ぎたあたりで、道を間違えていないか不安になりましたが、

【能護寺こちら】の看板が出てきて安心しました。

永井太田の交差点を曲がり、北に向かうと、西妻沼幼稚園があり、その先に、見えてきました~♪

畑が広がる田園地帯に、白い塀に囲まれた能護寺が見えました!
遠くからでも、赤い欄干の鐘楼はとても目を引きました。

能護寺の目の前の駐車場に車を停めて、いざ能護寺へ‼

この駐車場、あじさい期間中は障害者専用駐車場になると書いてありました!

あじさい期間中は車では来られないのかなと思い、お寺の方に確認してみました。
あじさい期間は、能護寺の東側の砂利の駐車場に車を停めると良いそうです♪
東側から、南側の山門までは、少し歩きますが歩いて2~3分ってところでしょうか。
もちろん、砂利の駐車場も無料でした♪
良かったです~♪

こちらの目の前の駐車場は
アジサイ期間中は停められません!
障害者専用駐車場になるようです。
アジサイ期間中はこちらの砂利の駐車場です。
能護寺の東隣です。

あじさいは開花前でした(;^ω^)見頃は1~2週間後ヽ(^o^)丿

さすがに6月3日では、早すぎたようです。
あらあら残念、超残念( ;∀;)

ほとんど開花していませんでした( ;∀;)

ですが、咲いているアジサイは、とっても、とっても綺麗でしたよ~!
鐘楼の赤い欄干と青い空とのコントラストが良く、とても美しかったです。

お寺の方に聴いてみたら、あじさいの見頃は、少しずつ咲き始めているので1~2週間後の6月11日~18日ごろだと教えてくれました。

弘法大師様が再建したお寺ということで、弘法大師様がいらっしゃいました(*´艸`*)

歩いてみて回るのにはこじんまりとしていて広すぎず、適度な面積で疲れずに見て回れました

寺のあちらこちらにベンチや休憩所があり、疲れたら座ってあじさいの花を眺めていました。

最高の空間でした。

あじさい期間中の駐車場

能護寺の東隣に大きな駐車場(砂利)がありました。
こちらには50台ほど停められるとのことでした。

大きな屋根の休憩所があり、椅子とテーブルがありました。
お弁当持参でのんびりランチができそうでした~♪

こちらの無料駐車場から、山門まで歩いて3~4分程度です。

無料シャトルバスで行く小さないい旅

なんと~‼
令和元年6月15(土)16(日)にJR籠原駅から能護寺、旧坂田医院(国宝「聖天堂」)、道の駅めぬまの観光スポット間を運行する無料シャトルバスが運行するんです‼

その名も、【無料シャトルバスで行く小さないい旅】です。

【いい旅】開催期間中の両日、能護寺でチェロのミニコンサートがあります~♪
演奏時間は、①9時30分、②10時30分、③11時30分、④13時、⑤14時、⑥15時

チェロのすてきな調べとアジサイを楽しめる、素敵な企画だと思います。

無料シャトルバスと、路線バスを乗り継いで、いろいろと見て回るのも楽しいですね♪

混雑時には満車で乗れないと、次のシャトルバスになったりします。
時間にゆとりを持って出かけてくださいね♪

国登録有形文化財【坂田医院旧診療所】

時間があったので、周辺の観光スポットにも立ち寄ってみました。

こちらは、昭和初期モダンスタイルの洋館で、昭和6年開業の産科・内科医院の診療棟です。
平成16年に、当時の地方近代建築の貴重な遺構を残す国登録有形文化財となっています。

映画やドラマのロケ地としても活用されているようですよ~♪
ほらほら‼↓


東京タワー 〜オカンとボクと、時々、オトン〜 撮影

場所は、熊谷市妻沼1420-1
めぬま観光駐車場(無料)敷地内にあります。

坂田医院旧診療所から聖天様へは、北に歩いて550mほどです。

いい旅期間中には、坂田医院旧診療所の館内見学もできるそうです。
今日は入れなかったので、外からのぞき込んでみてきました‼
スリガラスでよく見えなかったけど、シルエット的には、診療器具のようでした。

坂田医院の隣に公衆トイレがあったのですが、意外と綺麗でした。
女性用トイレに、洋式トイレが2つありました!

井田記念館

男性のおしゃれなブランド品「メヌマポマード」の創始者井田友平氏の居宅が昭和32年に現在の妻沼勤労福祉会館東側に寄贈移築され、お茶会などに使われているそうです。
居宅の前には、井田氏の銅像がありました。
こちらも、いい旅期間中には、湯茶の無料接待があります。


能護寺【あじさい寺】詳細はこちら↓

住所 熊谷市永井太田1141番
参観料金 300円(18歳未満は無料)
参観時間 8時~17時まで
電話番号 048-588-0901

※参観料金は、あじさい祭りの時(アジサイの開花時期)のみです。

 

スポンサードリンク


タイトルとURLをコピーしました