段ボールの処分/主婦一人でも出来る簡単なまとめ方

たまっていく段ボール箱を主婦一人でまとめる 生活

スポンサードリンク


通販でお買い物すると、段ボール箱がどんどんたまりますよね(;゜0゜)

家に届いて楽ちんなのですが、その箱の処理が盲点だったりします。

主婦1人だと、運ぶのも、まとめるのも、しばるのも、一苦労( ;∀;)

か弱い?!主婦の握力で、しっかり紐を固定して結ぶのも、案外、難しいんですよね💦

今回は、主婦1人でも簡単にできる不要段ボール箱のまとめ方をお伝えします。

 

まずは段ボールをつぶして平らにする

今回の写真の段ボールの量で、3kgありました!
まとまると重いんですよね💦

通販の箱だけではなく、野菜の箱、まとめ買いパンの箱など、
サイズがバラバラだと、まとめるのがとても大変です(;^ω^)



まずは、粘着テープや、ホッチキスやプラスチックなど、不要なものを取り除きます。
宛名シールや宅急便の送り状などは、個人情報なので取り除きます。

次に、つぶして平らにします。
  ↓  



帯(おび)にする段ボール箱の中にどんどん突っ込む!

写真のように、他の段ボールを入れ込む箱を選びます↓

私は、この箱を【帯(おび)】にする箱と呼んでいます。
完成形をみると、【着物の帯】のようになるからです。

(大きな段ボール箱を選んだ場合は、帯に見えません(;^ω^))

今回は、写真の一番上にのせてある無地の段ボールを選びました。
(下の写真だと、一番上、右側に置いている無地の段ボール箱です)

選んだ箱を立体(輪っか)にして、残りの段ボールを入れこんでいきます。



選んだ段ボールの中に、残りの段ボールを入れていく↑

小さい段ボール箱は、大きい段ボールの間に挟んで、ずり落ちないようにします。

全部、帯の箱に突っ込んだ状態です↓

全部、入りました↑

紐で縛って完成‼

最後に、荷造りひもで縛ります。
使える紐は各自治体で違うので、お住まいの自治体で確認してくださいね♪
(普通の荷造りひもOKだったり、ガムテープ使用不可だったり自治体によってルールが異なります。)

帯の段ボールが適度に詰まっていれば、そんなにギュ――っと強く結ばなくても大丈夫です。

中の段ボールの量が少ない場合は、調整して下さいね!

 

そして、


持ち運ぶときは、帯になる段ボール箱に、腕を突っ込みます。

こうするとまとめた段ボールを運ぶのが、楽になりますよ♪

段ボール箱の量が多くて重い時は、両腕を突っ込むと、楽々、運べます!

お試しくださいね♪

段ボールを処分する時の注意

異物を取り除く!

通販ショッピングの段ボール箱の場合は、
・宛名シール
・送り状
等の個人情報は、しっかり取り除きます。

宅急便のカーボン写しの送り状はインクの塊なので、リサイクル工程時に他の段ボール箱を汚してしまいます。
段ボール箱がインクで汚れてしまうと、リサイクルできなくなります。

ですから、リサイクルに出す場合は、カーボン写しの送り状をしっかり取り除きます。

その他、
・梱包に使われていた粘着テープ
・ホッチキスなどの金属、
・プラスチック、
・食品などの付着物
これらは、紙の原料にはならないので、しっかり取り除きましょう♪

製紙の工程でトラブルの原因となってしまうので、異物は取り除いてから回収に出しましょう。

濡れた段ボール箱も、リサイクルができません。
リサイクルに出す前の保管状態にも気を付けてくださいね♪

ホッチキスなど、異物を取り除く時はケガ予防のため、軍手をはめて作業して下さいね。

 

無料で段ボールを回収してくれる所

ダンボールは各自治体で異なると思いますが、たいていは、資源ごみとして回収に出すか、燃えるゴミとして処分することになります。

ですが、日にちや曜日が決まっていると、すぐに処分できなかったりします。

なので、自治体の処分方法以外で、無料ダンボール回収してくれる所を探してみました!

古紙回収業者のトラック

地域をまわっている古紙回収のトラックです。

使用済み段ボールは古紙なので回収してくれます。

家にいながら、持って行ってもらえるので、大助かりですね♪

回収ボックス

無料の段ボール回収ボックスを設置しているスーパーがあります。

回収ボックスがあれば、ボックスに投入して、処分完了です!

お近くのスーパーに行ったときに、チェックしてみてくださいね♪


こちらだと買い物ついでに、処分することができ、忙しい主婦には大助かりです。

スポンサードリンク


タイトルとURLをコピーしました