弔電はいつ誰宛てにどうやって送るの?

弔電はいつ誰に送るの? 弔事の話題
弔電はいつ、だれに、どうやって送るの?

スポンサードリンク



お通夜や葬儀・告別式に出席できない場合、電報は確実に先方にメッセージをお届けしてくれる便利なツールです。

電話やメールと比べると、応対の負担が少ないため、お葬式などの対応に追われるご遺族に配慮しながら、お悔やみの言葉を送ることができます。

申し込みは、音声ガイドの電話で簡単に行えます。
インターネットからであれば、24時間いつでも申し込みが可能です。
文例も豊富なので、手紙が苦手な方にもハードルが低いと思います。

この記事では、電報の申し込み方法や、いつまでに、どこに、誰宛に送ればよいのかなどをまとめました。

電報の基礎知識

電報には、大きく分けて『祝電(しゅくでん)』と『弔電(ちょうでん)』の二つがあります。

祝電は、結婚式などのお祝い事に送る電報です。

弔電は、
葬儀(お通夜や告別式)、各種法要(四十九日や一周忌の年忌法要など)と言ったお悔やみ事に、出席できない時に送る電報です。

電報は、電話やメールと比べて応対の負担が少ないので、お葬式などの対応に追われるご遺族に配慮しながらお悔やみの言葉を送ることができます。

電報の申し込み方法

電報は、電話での申し込みかインターネットからの申し込みの2通りです。

電話での受付時間は、8:00~19:00(年中無休) となっています。
インターネットであれば24時間、いつでも申し込めます。

電話での申込の場合、局番なしの『115』にかけると、各通信会社の電報サービスにつながります(通話無料)。

19時までの申込で、原則、全国に当日配達してくれます。

申し込みの時は、以下の情報を事前にまとめておくと、スムーズです。

・お届け先の住所、
 →葬儀が営まれる会場に送ります。

 自宅で営まれるのであれば自宅へ、 斎条で行われるのであれば斎条へ送ります。

・氏名(喪主名・故人名) →宛名は喪主になりますので、訃報の連絡を受けた際に必ず喪主の名前を確認します。 喪主名がわからない時は、 『故人』の名前に続けて『ご遺族様』として送るとよいです。 亡くなった方が、友人の家族であれば、友人宛てでも大丈夫です。

・お届け日時(いつまでに届ける必要があるか)→葬儀や告別式の前日までに届けます。

電報は、葬儀の時に読み上げられることもあるので、忌み言葉を避けて分かりやすい言葉を使いましょう。

まとめ

弔電は、葬儀が営まれれう会場に、喪主宛に送ります。

喪主の名前が分からない場合は、『故人』の名前に続けて、『ご遺族様』とするか、または、亡くなった方が友人のご家族であれば、友人宛に送っても大丈夫です。

弔電は、葬儀や告別式の前日までに届くように手配します。

スポンサードリンク


タイトルとURLをコピーしました