アメフトとラグビーの違いは?ラグビーのタッチダウンとは?

イベント

スポンサードリンク


アメフトもラグビーも、どちらのスポーツも、楕円形のボールを使った球技です。

一番、見てすぐに分かる違いは、アメフトはヘルメットや防具を身に着けているのに対して、ラグビーは、ヘッドギア(しかも布や皮の素材)のみという見た目の違いですね。

どちらも、もともとの起源は、「古典フットボール」から発展しましたが、
アメリカ(アメフト)とイングランド(ラグビー)というように、
発展する場所の違いでまったく異なるスポーツとして進化しました。

この記事では、アメフトとラグビーの違いについてまとめてみました!

 

アメフトとラグビー❘身に着ける防具の違い

ラグビー
 =布又は革製のヘッドギアだけが許されている。体の外側に付ける防具は禁止!
アメフト
 =ヘルメットやショルダーパッド等の防具を付けないと、プレイはできない!
  アメフトでは、防具を付けないでプレイする事が禁止‼

アメフトとラグビー|ボールの大きさの違い

アメフト < ラグビー

アメフトのボールの方がやや小振りで細身です。

アメフトの方がボールが小さい理由は↓
ラグビーは、基本的に両手でボールを持ちますが、
アメフトは、片手でボールを扱う場面が多いからです。

高校や大学の部活でどちらのスポーツも間近で見たことはありましたが、
ラグビーとアメフトでボールの大きさが違うなんて、全く気が付きませんでした!

アメフトとラグビー|フィールドに入れる人数の違い

ラグビー = 15人

アメフト = 11人

アメフトとラグビー|試合時間の違い

ラグビー=40分ハーフx2 計80分

アメフト= 15分クオーターx4 計60分


ラグビーでは選手が倒れても、そこからボールを味方につなげてプレーが続行するのに対して、アメフトではボールを持っている選手が、膝が地面についた時点でプレーが切れます。
再度、体制を組みなおしてプレー再開です。

このプレーが途切れた時に、アメフトでは何度でも選手交代ができるが、ラグビーは人数制限がある。その結果、ラグビーは前半40分・後半40分(合計80分+ハーフタイム10分=90分)の試合で、
開始から終了まで、中断(ロスタイム)を含めて2時間かかる事は、ほとんどない。

一方、アメフトでは1クオーター(15分)×4(合計60分+ハーフタイム20分=80分)の試合で、
終了まで3時間を超える事はざらなのです。

アメフトとラグビー|選手交代の違い

ラグビー= 7人まで一旦フィールドを退いた選手は、フィールドに戻ることはできません

アメフト=いくらでも、何回でも可能フィールドに何度でも出入りする事も可能

アメフトとラグビー|攻撃と守備の違い

ラグビーは、サッカーと同様、 ”攻守が刻々と変わります”

アメフトは、野球と同様に、”攻撃”と”守備”が、明確に分かれています。

アメフトとラグビー❘キックの違い

ラグビー= ラグビーは誰でもボールを蹴る事ができる、プレー中にも蹴る事が出来る。

アメフト= キック専門のプレーヤーしかボールを蹴る事ができない。
     プレー中に、キック専門以外の人が蹴ると反則になる。

アメフトとラグビー|タックルやブロックの違い

ラグビー=基本、ボールを持っている選手に対してだけタックルができる
ボールを持っていない人には、タックルしてはいけない‼

アメフト=基本的には誰に対してもタックルやブロックはOK!
ボールを持っていない選手に対してでも、タックルやブロックする事ができる‼

アメフトとラグビー|タックルを受けた時の違い

ラグビー=タックルを受けた選手は、ボールを離さないといけないが、プレイは続く。
メフト=タックルを受けたらプレイが止まる。
   そして、タックルを受けた地点から次のプレイがスナップで始まる。

アメフトとラグビー|前へパスを出すルールの違い

ラグビー=前へのパスは反則行為‼
アメフト= 条件付きだが、1プレイに1回だけ、前へのパスを投げることができる!

アメフトとラグビー|監督(ヘッドコーチ) の違い

ラグビー=試合中、選手には一切、指示を送ることはできない

アメフト=手信号などでプレイを指示したり、タイムアウトの時に選手と話をする事などが許されている

こんな記事も読まれています↓
ラグビー監督 試合中はどこにいる?ラグビーの不思議を徹底調査!

ラグビーのタッチダウン、アメフトのタッチダウンどう違う?

アメフトのタッチダウンは、攻撃側のボールを持った選手が、相手ゴールラインを越えた時がタッチダウンとなる。
アメフトでは、相手のゴールラインを越えたら=タッチダウンで、得点が入ります

ラグビーのタッチダウンはトライといいます。

ラグビーでは、攻撃側のボールを持った選手が、相手ゴールラインを超えただけでは得点にならず、ールを持った選手が、地面にボールをつける、それが「トライ」となり、得点になります。

ラグビーのトライが、アメフトのタッチダウンと異なる点は

ゴールラインを越えてから地面にボールを付けねばならないという事です。

ラグビーで 「トライ」した後に、ゴールキックをすることができ、
ゴールキックにチャレンジ(トライ)できることから、「トライ」と言うようになりました。

スポンサードリンク


タイトルとURLをコピーしました