伊香保温泉 石段街の散策と河鹿橋紅葉の楽しみ方

イベント

スポンサードリンク


伊香保温泉 石段街のそぞろ歩き


石段街登り口、階段の左奥には綺麗なトイレがあります。

2010年に、石段街がリニューアルされ、階段数が365段になりました。

石段街の下から365段登りきると、伊香保神社です。

石段街で足湯を入ったり、ブラブラ散策した後、そのまま河鹿橋まで歩いて行けます。

石段街の入口です↓↑

伊香保温泉の足湯は辰の湯さんと金太夫の湯

岸権の足湯 辰の湯 (無料)

石段を200段ほど登ったところ、老舗旅館 岸権旅館があります。
 
その入口にある足湯が辰の湯です。
(正確には212段)
石段の脇にあるので、すぐに分かります。

岸権旅館が管理している足湯ですが、誰でも入れます‼
もちろん、無料!
岸権旅館の休館日は、足湯もお休みになります。
辰の湯の足湯の泉質は、鉄分を含んだ硫酸塩泉の黄金の湯、茶褐色の足湯です。
 
黄金の湯は、刺激が少ないため、デリケートな女性の肌にも優しい泉質です♪
 
もちろん、源泉かけ流しの湯がたっぷり注がれています。
 
タオルの貸し出しはないので、自前か、もしくは、お店で購入できます。
(岸権旅館に宿泊される方は、タオル貸し出しあり)

金太夫の足湯(無料) 無料貸し出しタオルあり‼

辰の湯さんの近くですが、石段を少し離れた場所にあります。
こちらは、ホテル金太夫さんの足湯です。
路地奥の目立たない場所のため、観光客が少なくて穴場です
金太夫さん足湯の泉質は、辰の湯と違います。
温度は高め、白銀の湯とよばれる、無色透明の単純泉です。
白銀の湯は疲労回復や健康増進に良いそうです。

5人が座ると一杯になる大きさですが、足を拭くタオルが無料で借りられるので、
ちょっと嬉しいです。

伊香保温泉 伊香保神社は縁結びの神社

石段街を登り切ったら、頂上に伊香保神社があります。
縁結びと子宝の神社です。

 
 
 

社務所が鳥居の手前にあります。御朱印帳は土日のみでした。

365段の階段を登りきると、伊香保神社です‼

お参りをしてから、神社内を散策しました。

伊香保神社から河鹿橋までの所要時間は歩いて10分弱です。

河鹿橋の紅葉を満喫しましょう

伊香保神社から7~8分、歩くと河鹿橋です!
(石段のてっぺんから350mの距離です)

もみじ、かえで、くぬぎ、うるし等が美しく色づき、とても美しい景色です。

インスタ映えしますね!

たくさんの観光客でにぎわいますが、途切れるタイミングがありますよ~
絶好のシャッターチャンスを狙って、頑張って写真を撮ってくださいね~♪

昼間の河鹿橋は、夜間ライトアップ時とは違った良さがあります。

時間があれば、是非ぜひ、昼間と夜間の2回、訪れてくださいね♪

橋の上から下をのぞくと、川の色が茶褐色です。

伊香保温泉の黄金の湯です


夜になると見えなくなってしまうので、昼間のうちに必ず見ておきましょう。

写真は、夕方4時半ごろに撮影しました。

夕方5時になると、暗くなっちゃいますよ~

河鹿橋の階段は、雨でぬれて、とても滑りやすかったです‼
歩きやすい靴がおすすめです。

昼間の河鹿橋は、下流から眺めた方がキレイです。

しかし、せっかく来たので、橋をわたったり、上流側からも見てみてください‼

上流側は、車が通れる立派な橋があります。
この橋の上から見ると、紅葉につつまれる河鹿橋を一望することができますよ♪
 

伊香保温泉の露天風呂は河鹿橋から徒歩5分

大体の方が、この河鹿橋を見ると、すぐに帰ってしまうのですが、頑張って、もう少しあがってみてください‼

先ずは飲泉場があり、すごい味ですが飲めます(笑)
更に上に上がると源泉が、見られます。
 
その奥に日帰り入浴できる「伊香保 露天風呂」があります。
伊香保温泉観光協会直営の公衆浴場です。

昼ご飯を食べて、午後の河鹿橋の紅葉を楽しんだ後は露天風呂に入り、ライトアップ開始時間(午後4時半)を待つのも賢いですね!

日中の紅葉と夜のライトアップをロスなく見ることが出来ますよ~

男女別になっていますので、女性でも安心して入れます♪

ぬるめのお湯と、熱めのお湯と、仕切られています。
私は、ぬるめにゆっくり入るのが好きなので、ぬるめの湯です!(^^)!
熱めがお好きな方は、そちらへどうぞ♪

源泉かけ流しのお湯たっぷりで、最高です~♪
周囲の木々を眺めながら浸かりますと、これぞまさしく露天風呂‼

更に、紅葉がすすんでいると、露天風呂+紅葉で、テンションはマックスです♪はい♪

洗い場はないので、ご注意くださいね♪
かけ湯をしっかりしてから、入りましょう。

スポンサードリンク


タイトルとURLをコピーしました