親しくない後輩の結婚式で二次会だけ呼ばれる時の断り方~独身女性の場合

慶事の話題

スポンサードリンク


結婚式の二次会、殆どの場合結婚式の当日に行われることが多いものです。

結婚式の後、披露宴がありそれが終わり次第、二次会へという流れが一般的です。

しかし、二次会だけ別の日に設定されることもあるようです。

それが職場の後輩から二次会だけ呼ばれたという場合、普通ならお祝い事だし同じ職場だし、普通に出席してあげたいところですが、この後輩とさほど親しくなかった場合は、どうも出席を躊躇してしまうと思います。

できることなら行きたくない!断りたい!と思うこともあるでしょう。

「でも、そもそもお祝い事のお誘いを断っても良いものなのか?」と思われたあなた!大丈夫です。

二次会のお誘いは、断っても構いません。でも、どうやって断れば良いか分からないですよね?

今回は、後輩の結婚式で二次会だけ呼ばれた時の上手な断り方や、断った後のフォローの重要さなどをご紹介したいと思います!

親しくない後輩の結婚式で二次会だけ呼ばれた時の上手な断り方

出しっぱなしの水道代減額できる?

結婚式の披露宴や二次会は断っても構いません。

親しくないということは、職場でもあまり話したことがないしその後輩のことをあまりよく知らないということでもあると思います。

それで披露宴や二次会に招待されても、正直心からお祝いする気になれないというものですよね?

後輩としては「親しくないけど、同じ職場の先輩だから」ということで招待したに過ぎないでしょう。

その気持ちには感謝しても、断る事には何の問題もありませんので上手な断り方をご紹介します。

結婚式 二次会を断る時の理由

お断りする際の理由を伝えるとしたら、以下のような事柄が無難です。

  • 仕事・出張
  • 妊娠・育児
  • 友人or親族の結婚式
  • 引っ越し など。

こまかく説明する必要もないのですが、なるべく相手が聞いて

「なるほど、それは仕方ない」と納得してもらえるような理由があると断りやすいと思います。

 

招待状での上手な断り方

披露宴や二次会に招待状で呼ばれたということですと、招待状には必ず「出席」と「欠席」いずれかを丸で囲んでくださいという返信用はがきなどが送られてくると思います。

その場合は、招待状の返信はがきの「欠席」の文字を丸で囲んで返信します

このまま返信しても良いのですが、もし気が咎めるなら欠席と書いた下の方に直筆で簡単に~

「この度はご結婚おめでとうございます。

二次会に招待していただいたのに、今回は諸事情で欠席します。

ごめんなさい。末永くお幸せに!」

と書いておくと、好印象だと思いますよ!

LINEでの上手な断り方

LINEで招待された場合は、同じくLINEで返してOKです。

その際も上記のように断る理由は「諸事情」でも十分だと思うのですが、何かもっともらしい?理由を付けたい場合は以下のような例文でいかがでしょうか?

「ご結婚おめでとうございます!

せっかく二次会に招待していただいたのですが、仕事のスケジュール調整ができなくて難しかったです。

すみませんが欠席致します。お幸せに!」

こんな感じですが、いかがですか?

その他に、例えば結婚式が重なったという理由の場合は~(最初と最後の挨拶文は省略します)

友人の結婚式と重なってしまったので欠席します」

最初に「おめでとうございます」や最後に「お幸せに」などの言葉は必ず入れてくださいね!

 

断った後のフォローも重要!?

同じ職場の後輩という関係ですと、出席を断った後、職場で会うこともあると思います。

その時には、招待状やLINEで書いたのと同じように改めて理由を言って「ごめんね」と謝っても良いと思います。

親しくないとはいえ堅苦しいことは言わなくても良いので、「あ、先日は二次会行けなくてごめんね。結婚おめでとう!どうだった?結婚式」という感じでさりげなく式の様子などを聞いてあげると後輩も嬉しいと思います。

特に嫌いということではないのでしたら、「良かったら今日一緒にランチでもどう?」と誘っても良いし、「仕事終わったらちょっと食事しない?プチ宴会(笑)」って感じで誘っても良いのではないでしょうか?

もちろん嫌じゃなかったらですよ!

ただ、断った後のフォローは重要だと思います。

プライベートでさほど付き合いがなくても、職場ではこれから毎日顔を合わせる訳ですし、これまで親しくなかった間柄でも、二次会に招待してくれたことがきっかけで親しくなれるかも知れません

特別嫌いという感情がなければの話ですが、今後のためにもこれを機に仲良くなっちゃうというのもアリかなと思います。

万一、嫌いであったとしても話してみると、「意外といい子だな」とか「気が合うかも」という一面が見えたりするかも知れませんしね。

人って話して見ないと分からないところってあるじゃないですか?

同じ職場であるなら、このまま「嫌い」とか「仲良くなれない」とか思いながら一緒に仕事するより、思い切って仲良くなっちゃった方が自分自身も仕事がしやすくなると思うんですよね?

まあこの辺は、それぞれの考え方なので必ずしもそうした方が良いですよということではありません。念のため。

こんな時は断る理由は伝えなくてOK!

披露宴や二次会の出席を断る場合に、殆どは理由を考えると思います。

しかしここで注意してほしいのは、今回のように「結婚式の二次会のお誘い」ということなので、あまりお祝い事に不向きな理由はマナー違反にもなります。

その「不向きな理由」とは…。

1病気やケガ 2親の入院・介護 3学生時代の同窓会 4家族旅行など。

まず、最初の1と2は分かりますよね?

病気やケガ、親の入院や介護などは、結婚式のお目出たい話に陰を与えてしまうような感じになるので、本当のことだったとしてもこれは言わない方がいいと思います。

理由を聞かれたら、「家庭の事情」など少しオブラートに包んだような言い方に留めておく方が良いと思います。

3と4はどこがいけないのか?と思うかと思いますが、これは人によるかも知れません。

「同窓会や旅行があるから」というと「私の結婚より自分の旅行の方が良いのか?」という、なんだか遠回しに「あなたの結婚式なんてつまらない」と言われているような気になってしまう可能性もあります。

この場合は、「あいにく先約があるので」というだけで良いと思います。

或いは「前から決まっていたのでちょっと今回は都合がつかなくて」といえば納得してくれるのではと思います。

理由が本当かウソかは別としてお目出たいお話を断る場合は、決して不幸な事柄は言わないのがマナーでもあると思います。

あまりそこまでしつこく理由を聞いてくることも普通はないと思いますが、もし聞かれた場合は、このような無難な言い方も知っておくと良いでしょう。

そしてお祝いの言葉は決して忘れないように伝えてくださいね!

まとめ

◎結婚式の披露宴や二次会のお誘いは断ってもOK!

◎仕事や介護など「それは仕方ない」と思ってもらえる理由を伝える!

◎お祝い事に、病気やケガ、入院、介護など不幸な理由はNG!「諸事情」「家庭の事情」でOK!

◎たとえ後輩が嫌いでも、これを機に仲良くなれるようにしてみるのも方法!

親しくない先輩を招待するというのも、殆どの場合は「お義理」だったりすると思うので、理由すら聞いてこないことが殆どだと思いますので、あまり構えなくても良いですけどね。

もしもの場合にお役に立てればと思います!

スポンサードリンク


タイトルとURLをコピーしました