コミュ障で飲み会が苦手‼新入社員が飲み会をうまく乗り切る方法

コミュ障で飲み会が苦手‼コミュ障な新入社員が会社の飲み会をうまく切り抜ける方法 生活
コミュ障で会社の飲み会が憂鬱、新入社員が浮かないようにするために

スポンサードリンク


極度の人見知りで人が集まる場所が苦手(;^ω^)
人との他愛もない会話が苦手(;^ω^)
コミュ障な新入社員にとって会社の飲み会って、
とてつもなく憂鬱になりますよね( ;∀;)
この記事では、コミュ障を心配する新入社員が
会社の飲み会をうまく乗り切るコツや、
コミュニケーション力を上げるコツを解説します。

 

コミュ障な新人が飲み会をうまく乗り切るコツ

コミュ障な新人が飲み会をうまく乗り切るコツ

コミュ障の人が飲み会を苦手とする理由は、
人との会話が苦手だから?!ではないでしょうか?

なぜ、苦手なのか?
「何か聞かれたら答えられるけれど、
自分からいろいろ聞くことができない。
しかも、興味ないし・・・」
というのが本音でしょうか(;^ω^)

確かに人間、興味がないことには
何も聞く必要性を感じませんよね?

それは人としてごく当たり前の感情なので、
それがおかしいとか変ということでは
ありません‼

ですが、だからと言って何も喋らず黙々と飲んで食べていても
端から見ていると「あいつはどうも・・・」と
違和感を覚えられる(;^ω^)ということは否定できません。

でも決して気負わないでくださいね。

うまく乗り切るコツがありますからヽ(^o^)丿

 

【飲み会をうまく乗り切るコツ】

飲み会をうまく乗り切るには、「聞き役に徹する」ことです。
自分から話そうと思わなくて良いのです!
相手の言う事に興味がなくても、一生懸命
相手の目を見て、話を聞くようにしましょう。

それだけでも、相手は自分の話を聞いてくれていると感じ、
逆にあなたに対しても興味を持って聞いてくれます。

私にもこんな経験があります。
自分の方を向いて「うんうん!」とうなづいてくれてるだけで
嬉しくなって、こちらからどんどん質問すると、相手も
いつの間にか色んなことを話してくれて、
おおいに盛り上がったなんてことがありました!

まずは相手の話を聞くことから初めてみると良いと思います。

そして、相手が言った言葉を繰り返し自分も言って相手に聞くという方法もあります。いわゆる「オウム返し」という手法ですね。

オウム返しって聞いたことある人も多いと思います。

例えば相手が「昨日は、遅くまで残業して大変だったよ」と言われたらあなたは「あ、昨日遅くまで残業だったんですか?それは大変でしたね」と言うように、相手の言ったことをそのまま返す訳ですね。

人は自分が言った言葉を相手に言われるだけで、「話を聞いてもらっている」と感じ、「自分の気持ちを共感してくれている」と感じます。

それによって話のテンポも良くなり、信頼感さえ感じることもあります。

 

【オウム返しの注意点】

相手の言葉を繰り返すオウム返し。
会話を弾ませるにはかなり有効な方法なのですが、
あまり適切に同じ言葉を繰り返し過ぎるのも
逆に「くどい」印象になってしまいますので注意しましょう。

例えば、先ほどの会話を例にすると相手が
「昨日は遅くまで残業で大変だったよ」という言葉に対し、
先ほどの返しは
「あ、昨日遅くまで残業だったんですか?それは大変でしたね」
でしたね(笑)

人によっては多少「くどい」「うざい」と感じてしまうこともあります。

ですから、ここの返しは少し相手の言葉の半分くらいに留めます。

どのように返すかというと、
「あ、昨日残業だったんですか?それはお疲れ様でした」
と返します。

どうでしょうか?
相手の言葉を繰り返すだけじゃなく、
相手の労をねぎらう言葉が入っていますね。

あなたなら、どっちを言われた方が嬉しいですか?
やはり後者の方じゃないでしょうか?

「大変だった」を「大変でしたね」と返すと、
ホントにその大変さしか残りませんし、
相手も話していて余計疲れを感じます。

でも、そこに「お疲れ様でした」と言われると、
なんだかホッとする気持ちになりますよね?
嬉しいですよね?

「頑張って良かったー」
みたいな気持ちになるんじゃないでしょうか?

その嬉しさに乗っかって相手もあなたに対して
「キミも新人で今は大変だろうけど頑張ってね!応援してるよ!」
と言ってくれる可能性もあります。

一度できるようになると、かなり飲み会の席も楽しくなりますよ!

 

コミュニケーション力をアップさせる方法

コミュニケーション力を上げるコツ

コミュケーション力をアップさせるには、先ほどお伝えしたように
「聞き役に徹する事」と「オウム返し」で会話をしてみることです。

しかし、飲み会の席ではこれでも良いですが、
これから仕事をしていく上では、
自分から話をしていく必要も出てきます。

会議などのプレゼンテーションする場面だと、
相手に伝える能力が問われます。

そのためにも飲み会以外でも、日頃から同僚や上司とは
意識して会話に入るようにしていく努力が大切です。

自分が今、新入社員という立場であるなら
逆にそれを利用することもできますよ。

例えば、まだ入社したばかりで会社のことをよく知らない訳なので、
この際、どこに何があるから始まって、いろんなことを聞いてみましょう。

コミュニケーションをうまく取るための第一歩になりますよ~

まとめ

いかがだったでしょうか?

自分はコミュ障じゃないかと思うと、
それだけで何も話せなくなったりしている可能性がありますよ!
うまく話そうと気負わずに、まずは『聞き役』に徹して、
『オウム返し』で返してみる‼

どんな状況でも、「自分を鍛えてくれる場所」だと思って是非、
頑張ってみてくださいね!

スポンサードリンク


タイトルとURLをコピーしました