子育ての疲れをリフレッシュ‼私の解消方法

子育て

スポンサードリンク


子育てをしていると、
色々な事を吸収して成長していく我が子を見て

とても癒されますよね!

 

でも、その反面、
自分の時間がほとんど取れず、
疲れがたまっていく、、、

子供を寝かしつけたまま、
自分も寝落ち(;^ω^)

 

そんな時は、
ママもリフレッシュをした方が良いです。

 

私が実践しているリフレッシュ方法を紹介します!

 

子供を早く寝かしつけてその後をママの時間に使う!

日中は、中々自分の時間って取れませんよね。

子供が寝てからの夜の時間、

 

日中沢山活動させていっぱい動くと

自然と子供は疲れて夜はぐっすり眠ります。

 

そこからがママのゴールデンタイムです。

 

日中は子供の為に沢山時間を使ってあげて、夜は1時間でも良いので

自分にもご褒美の何かを与えるとまたママは頑張れます。

 

自分が出来る範囲の事で思いっきり楽しむ

中々外に長時間出歩くのは出来ないですよね。

 

でも家の中にいても楽しむ事は出来ます。

 

私は音楽を聞く事が1番好きなので、ちょっと贅沢なお菓子を買ってきて

子供が寝てから音楽を聞いてストレス発散をしていました。

 

子育て中のママは家の中にこもりがちになるので、誰かとゆっくり話しをする事って少なくなります。

 

そうするとストレスを吐き出せないから、イライラが溜まってきます(;^ω^)

夜子供が寝たあと、自分の母親に電話してスッキリするまで付き合ってもらっていました。

 

3歳くらいまでは頻繁に電話を夜中まで付き合って貰っていたので

今となっては申し訳ないですが、母も逆に

「1人で育児してると辛くなるから、私で良いから言いなさい!子供にあたったりする前に、言いたい事全部言いなさい。

付き合うから」

 

と言ってくれてしょっちゅう電話をして笑ったりしていました。

 

やっぱり子育て中のママって色んな悩みを抱えているので

誰かと喋ると発散できますよね!

 

後は主人に子供を預けて美容院に行ったり、子供と離れる時間も必要です。

 

どうしても2人きりでいる時間が多くて、時にはママ1人でゆっくりしたい時ってありますよね。

 

そういう時は旦那さんにお願いして、時間の許す限りママも普段出来ない用事などを足してきます。

 

髪を切ってもらうだけでも凄いサッパリするんですよね!!

 

ちょっと外の空気を1人で吸いに行くだけでもリフレッシュするので、

旦那さんにも協力して貰って、その間だけはママも育児から離れて1人の時間を楽しみます。

夫に協力してもらう‼

出しっぱなしの水道代減額できる?

ママがリフレッシュする為には

旦那さんにお願いできる場合は思い切って甘えてしまいましょう!

 

協力が得られるようなら、

おじいちゃん、おばあちゃんの手をお借りしましょう。

 

ただし、毎日だとおじいちゃんやおばあちゃんも自分の孫とはいえ、疲れてしまいます。

なので、最初は、1週間に2~3日程度にして様子を伺いましょう。

 

私の場合は、主人も私も実家が遠方なので、近くに親戚などもいません。

 

そんな時には、誰に子供をお願いするのか・・・?

 

やっぱりパパである旦那さんですよね。

 

普段、旦那さんも仕事が激務で忙しい人も多いと思うので、

 

頻繁にじゃなくて良いです。時々、お願いしてみましょう。

 

「そろそろ疲れてきてて、少しの時間で良いから休みたいんだけど

ちょっとだけ子供を見るのをお願いして良い?」と

優しくお願いすれば、旦那さんもさすがに疲れてきたんだなって

分かってくれて子供を見てくれました。

 

ママも付きっきりの子育てで、中々自由な時間がとれないです。

 

パパはママが子供の面倒を見てくれていれば自由な時間を作れるけど、

ママは誰かが代わってくれないと休めないです。

 

少しリフレッシュするだけでも全然違うので、

そういう時は遠慮せず旦那さんや周りの家族にお願いして

ママ1人で好きな事をする時間も作りましょう。

 

まとめ

ママは家事や育児に追われて中々休めないですよね・・・。

空いた時間!と思えば、でもここをやっておきたい・・・と家事をしちゃったりして

家の中が結局気になってしまうんです。

でも家事を気にしているとキリが無くなるので、そこは割り切って

思いっきり妥協して休む日があっても良いです。

赤ちゃん時期は外に出られないけど、子供が寝たタイミングで寝るも良し!

音楽や本を読んでも良し!ネットショッピングをしてみても良いし

家にいても楽しめる事もあったりします。

自分が今出来る範囲の中で、自分がしたい事をする日をパパにも協力して作ってもらって、

子育て中のストレスを溜め込まないようにママも息抜きしましょうね。

スポンサードリンク


タイトルとURLをコピーしました