香典袋の選び方 御霊前と御仏前何がどう違うの?

弔事の話題

スポンサードリンク


香典袋には、様々な種類があり、宗教や金額によっても異なります。
香典とは、死者の霊に手向ける香の料(代金)を包むものです。
昔は、葬儀のためのお米や麦などの現物は弔問客が持ち寄ったのですが、現代は香をはじめ、葬儀に関するすべての物を喪家がそろえるので、弔問客はその料として現金を包んで持参し、ご霊前に供えるようになったのです。
香典袋は、今では百均やコンビニでも売られていますが、売り場には、『御霊前』だったり、『御仏前』だったり、又、水引が印刷されたものだったり、豪華な水引が付いたものだったりと、色んなタイプのものが置かれていてたくさん在りすぎて、どれを選べば良いのか分からなくなってしまいますよね💦

この記事では、 宗教や宗派による香典袋の選び方と、包む金額による選び方を解説します。

宗教や宗派による香典袋の違いと選び方

宗教や宗派によって袋の種類と表書きを選びます。

まず、一番最初に宗教や宗派を確認し、袋の種類と表書きを選びます

仏式の場合 御霊前、御香典、御香料
 【白無地か蓮(はす)の絵柄の包み 】
 注意‼)蓮の絵柄は浄土真宗では使いませんので、白無地を選ぶのが無難です‼
 【水引は、黒白、双銀(銀色)】

神式の場合 御霊前、玉串料、御榊料
 【白無地の包み】
 【水引は 、黒白、双銀(銀色)、双白(白色)】

キリスト教式の場合 御花料、御霊前
  (カトリックは『御ミサ料 』 もOK) 
 【白無地の包みか白封筒 、右上に十字架が描かれている袋もあります 】
 【水引はなし】

もし、宗教がわからない場合は、各宗教共通で使うことのできる『御霊前 』 となっているものを選べば良いのですが、1つ、注意点があります。

それは、仏教の中でも、宗派が浄土真宗の場合です。
浄土真宗では、 人が亡くなるとすぐに仏になるとの教えがあるため 、お通夜・告別式の香典でも「御霊前」ではなく「御仏前」と書きます 。
(他の宗派では亡くなってから四十九日目に、仏になれるかどうかの審判が下るとされています)

ですから、仏教と分かっても、その宗派が分からない場合は、「御香典」と書くのが無難です。

ですが、直前まで分からないってこともありますので、
あえて選ぶのであれば、何も書かれていない無地の袋や、御香典や御霊前という印刷されたものを選べるようになっていて、挟み込むタイプのものを選ぶといいですよ。

弔辞の場合の水引は、『一度きり』という意味のある結び切りが使われます。
(何度も結びなおせる蝶結びは使いません‼)


金額に応じた袋の選び方

次に、金額に応じて袋を選びます。
金額に応じて、袋の豪華さを変えましょうということです‼

5千円以下の場合、水引が印刷されているものを、
1万円以上の場合は、水引が印刷ではないものを選びます。
3万円以上の場合は、高級感のある和紙の香典袋に印刷ではない水引の物を選びます。

袋と中身がチグハグだと、相手に失礼にあたります(;^ω^)

宗教や宗派、金額に応じた香典袋の選び方まとめ

宗教や宗派が分からないことを想定すると、

白無地の包みをチョイス(蓮の絵が描いてあるものは避ける)

宗教がわかっていれば、それぞれでチョイス
①浄土真宗以外の仏教なら、御霊前、御香典、御香料
 浄土真宗は御仏前
②神式なら、御霊前、玉串料、御榊料
③キリスト教式なら、御花料、御霊前

宗教、宗派が分からない、はっきりしない場合は
無地の物を買っておいて、分かり次第、チョイスするのも一つの方法だし

御香典にしてしまうのが無難

キリスト教であれば水引はなし

キリスト教以外の水引は金額に応じてチョイス
①5千円以下であれば、水引は印刷されている物
②1万円以上ならば、印刷されていない本物の水引
③3万円以上の場合は、高級感のある和紙の本物の水引
の包みを選びます。


スポンサードリンク


タイトルとURLをコピーしました