香典いつ持って行く?通夜・告別式の両方参列する時は?郵送OK?

代理出席ってOK?代理出席の場合って受付の名簿は誰の名前? 弔事の話題

スポンサードリンク


急な訃報に慌てず、スマートな対応がしたいものですよね。

香典はいつ持って行くのか?
お通夜や告別式、両方に参列する場合はどのタイミングで持って行くのか?

遠方での式の場合は、郵送は出来るのか?

この記事では、香典袋を持参するタイミング、お通夜や葬儀に出席できない場合の郵送について、まとめてみました。

香典はいつ持って行くの?

香典を持参するタイミングは、お通夜でも告別式でも、どちらでも大丈夫です。

どちらに持参しても構わないとされていますが、両方に参列する場合はお通夜の時に持参する人が多いようです。
その場合、告別式では香典をお渡ししませんが、記帳は行い、『お参りさせていただきます』と言って式場に入ると良いです。

お通夜の時にすでに記帳していても、再度、記帳した方が、より丁寧です。

私がこれまで、参列させていただいた感じでは、記帳して目礼だけで、その場を離れます。
受付の方は、特に声をかけてきたり、あれ?お香典は?なんて事はありませんでした。

香典は、はだかで持参せず、地味な色の『ふくさ』、又は小さな風呂敷に包んで持参します。
受付で取り出し、『どうぞご霊前にお供えください』と渡します。

簡易ふくさは、包みを入れて、はだけないように留めるボタンみたいなのがついているので、とても便利ですよ。

最近は、ダイソーなどで簡易ふくさが手に入るので、1つ用意しておくと便利です。


香典を郵送する場合

弔電はいつ誰に送るの?

お葬式が遠方であったり、様々な事情でお通夜、葬儀に出席できない場合は、香典袋に現金をいれ、手紙を添えて、なるべく早く現金書留で郵送します。

香典袋は、現金書留に入る大きさのものを選び、水引は印刷されたものが無難です
(印刷されていない立体的な水引だと、現金書留の封筒に入らない場合もありますので注意‼)

現金書留の封筒にも、大きいものと小さいものと2種類あるので、現金書留の封筒は大きいほうを選びます。

添える手紙に、お悔やみの言葉と、参列できないお詫びの言葉をつづりましょう。
銀行振り込みや為替などは、失礼に当たりますので、絶対に避けてください。


香典を郵送する場合に添える手紙の文例

〇〇様ご逝去のお知らせに接し、心からお悔やみ申しあげます。
 皆様のお悲しみは、いかばかりかとお察し致します。すぐにお参りに伺えず、申し訳なく思っております。どうぞ、お許しください。
失礼ながら、心ばかりの香料を同封致しました。ご霊前にお供え下さいますよう、お願い申し上げます。
謹んで、ご冥福をお祈り申しあげます。

まとめ

・お通夜か告別式に、香典を持参する。
・両方に参列するなら、お通夜の時に持参する。
・持参する時は、『ふくさ』や小さい風呂敷に包む。
・簡易ふくさがあると便利です。
・香典を郵送する時は、香典袋に入れ、手紙を添える。
・香典袋は、現金書留の封筒に入る大きさのものを選ぶ。
・現金書留の場合は、大きい現金書留の封筒を選ぶ。

スポンサードリンク


タイトルとURLをコピーしました