長期出張と転勤ってどう違うの?メリットやデメリットは?

長期出張と転勤の違い 生活

スポンサードリンク


旦那さんが仕事で転勤になったり長期出張になったりと、妻としては、常に忙しくしている夫の身体と心の健康が心配ですよね?

そもそも「長期出張」と「転勤」って似ているような気がしますが、どんな違いがあるのでしょうか?

そこでこの記事では、「長期出張」と「転勤」の違いや、それぞれのメリット、デメリットをシェアしたいと思います。

長期出張と転勤の違い

長期出張や転勤があるのは職種で様々ですが、一般的に「総合職」と呼ばれる職種の人によくある勤務形態です。

「総合職」とは、営業や人事、企画など、基本的にはその人の希望や適性に応じて配属先が決められますが、営業から人事になったり人事から企画になったりなど異動もともなう職のことです。

そんな中で、長期出張になったり転勤になったりする可能性もあります。

この二つは似てますが、どんな違いがあるのでしょうか?

長期出張と転勤の違いを見てみましょう。

「長期出張」=数週間~数ヶ月に渡り、通常の勤務地と異なる場所で勤務すること。

「転勤」=勤務地の変更を伴う異動のこと。住所も変わる可能性あり。

長期出張の場合は住所が変わることはないけど、一定期間別の地域に勤務するということですね。

対して、転勤は、会社は同じであるケースが多いですが、いわゆる子会社や下請けの会社に変わってしまう可能性があるということです。

いずれにしても、一つの会社でずっと仕事しているのも大変な状況なのに、あちこちに異動があると、そのたびに関わる人や環境が変わり、神経をおおいに使う事でしょうね。

何処へ行っても臨機応変に対応できる人は良いでしょう。
ですが、新しい環境に馴染むのに時間がかかる方は、仕事以上に神経を使うと思います。

 

長期出張?それとも転勤?メリットが多いのはどっち?

長期出張、転勤、メリットが多いのはどっち?

長期出張と転勤、どちらにもメリットもあればデメリットもあると思います。

しかし、できればメリットが多い方がいいですよね?

では、長期出張と転勤のメリットを挙げてみましょう。

長期出張のメリット

会社から出ていろんなところに行ける。

1日中ずっと会社の中で仕事していると、
時々息が詰まる思いをすることもあるでしょう。
その点、出張となると電車やバスなどを利用してあちこちに出歩けます。
仕事とはいえ、1日会社の中で仕事することを考えるとこちらの方が絶対良い!って思いますよね?
しかも移動の交通費は経費として支給されます。

全国の名産や観光を楽しめる。

行った先々の地域の名産品を堪能したりもできますよね?
海の幸や日本酒などグルメを楽しみ、祝祭日や連休に被ったりするとたくさんの人出の中を観光気分で散策できます。

出張手当がもらえる。

多くの会社は、出張手当を支給しています。
1泊につき数千円とか会社により一定の規定はありますが、出張が多いほど手当も増えるので観光やグルメが楽しめますね。

転勤のメリット

今までの環境と違う場所でスタートが切れる。

転勤となると住所が変わり、新しい地域の住人として生活をスタートさせることになります。
引っ越し費用も基本的に会社から出ます。

そうでない場合も多々ありますが、会社から出ない場合は自己負担なのでそれがデメリットですね。

給与が高め

当たり前でしょうが、ずっと同じところで仕事するのとは違いあちこち勤務するという苦労もありますが、給与は絶対的に高くなります。

転勤でも給与が安いという人もいるようですが、この辺は基準値がどこかでかわるところでしょう。

人脈が増える

数年で別の地域に転勤ということもあり得ますが、そのたびにそこで新たに出会う人もいるので、仕事をする上で確実に人脈が増えます。

人脈が増えればそこで培った経験が別の地域に行っても生かせることもあるでしょうし、効率よく仕事ができそうですよね。

嫁姑問題で悩まなくて済む。

これは転勤族の奥様の特権みたいなものでしょうか?
確実に同居の危機は免れます‼
たまに実家に行くことがあるとしてもお盆とか年末年始位ですから、頻繁でない帰省であれば、嫁としても頑張れそうですね。

長期出張 転勤のデメリット

メリットの考え方は、人によって多かったり少なかったりすると思います。

また、ここで挙げたメリットも人によってはデメリットと捉えることもできると思うので、これが一概に最大のメリットという訳ではありません。

これは私個人の感想ですが、転勤はやはりデメリットの方が多いと感じます。

なぜならここで挙げたメリットは、転勤する旦那さんと妻だけの問題で考えた結果だからです。

実際にはお子さんがいると、話が変わってきます。

住むところが変わるということは、子供が学校へ行ってる年齢なら転校の必要性がありますし、マイホームの悩みも出てきます。

その点、出張なら住んでる拠点は変わらないので、転校やマイホームの心配はあまり考えなくても良いですよね💛

 

長期出張と転勤ってどう違うの?のまとめ

長期出張も転勤も、それぞれに良い面、悪い面があります。
その時の生活の状況によって、メリットがデメリットになったり、逆にデメリットがメリットになったりします。

ですから一概にどちらが良いということはないようです。
その時々の状況に応じて、メリットの多いほうを選ぶと良いでしょう。
子供の入学、卒業に合わせて、その都度、見直していきましょう。

スポンサードリンク


タイトルとURLをコピーしました